読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【高知城】(こうちじょう)

むらごんブログ 観光スポット

高知城】(こうちじょう)は、高知県高知市土佐国土佐郡高知)にあった日本の城。別名鷹城(たかじょう)。

 

江戸時代、土佐藩の藩庁が置かれた。江戸時代に建造された天守や本丸御殿、追手門等が現存し、城跡は国の史跡に指定されています。日本100名城に選定されている。高知市のある高知平野のほぼ中心に位置する大高坂山(標高44.4m)上に築かれた、梯郭式平山城。山の南を流れる鏡川、北の江ノ口川をそれぞれ外堀として利用されていました。
戦国時代以前には大高坂山城(おおたかさかやまじょう/おおたかさやま-)または大高坂城と呼ばれる城が築かれていました。現在見られる城は、江戸時代初期に、土佐藩初代藩主・山内一豊によって着工され、2代忠義の時代に完成し、土佐藩庁が置かれました。3層6階の天守は、一豊の前任地であった掛川城天守を模したといわれています。一豊により河中山城(こうちやまじょう)と名付けられたが、高智山城と名を変えたのち、現在の城名となりました。また、【高知城】の内部に「高知城懐徳館(. こうちじょうかいとくかん)があります。  初代土佐藩主・山内一豊が築いた高知城の本丸御殿である懐徳館。館内には、山内家ゆかりの品や高知城にまつわる資料をパネルで展示しており、高知城の歴史や文化にも触れることが出来ます。

 

 

#じゃらん #じゃらんネット #じゃらん #観光 #観光スポット #神社
#社寺仏閣 #絶景 #muragon #Sakamoto119

 

高知城】の内部に「高知城懐徳館(. こうちじょうかいとくかん)があります。 初代土佐藩主・山内一豊が築いた高知城の本丸御殿である懐徳館。館内には、山内家ゆかりの品や高知城にまつわる資料をパネルで展示しており、高知城の歴史や文化にも触れることが出来ます。