【白木神社】(しらきじんじゃ)大阪市浪速区

【白木神社】(しらきじんじゃ)大阪市浪速区

 

祭神は、「白木大神」又は、「市杵島姫命」です。
由緒について;「坐摩神社の旧鎮座地は南渡辺。その川向かいが新羅江庄。後の北渡辺で、ここの氏神が白木神社であったようだ。大坂城築城に際して坐摩神社は移転を強いられ、南渡辺の人達は船場の西の坐摩神社現在地に移った。しかし北渡辺の人達の移転先はなかなか決まらず、元禄年間になって現在の浪速区にようやく落ち着いた。木津川地域は渡辺村と云われ、新羅江庄の神を白木神社として祭った。」

 

住所:大阪府大阪市浪速区木津川2丁目
アクセス:南海汐見橋線木津川駅より北300m

 

(撮影:2017/3/24)