読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【天神ノ森天満宮】(てんじんのもりてんまんぐう)大阪市西成区 ①

【天神ノ森天満宮】(てんじんのもりてんまんぐう)大阪市西成区

 

由緒について;応永年間(1394年 - 1428年)に北野天満宮の分霊を奉斎。現在の本殿は元禄15年(1702年)に建設されたものです。祭神は、菅原道真。境内の末社に、「天照皇大神」「猿田彦命」「倉稲魂大神稲荷大明神)」が鎮座しています。また、本殿の裏に「白雪龍神」「白髭竜王」「白龍大明神」の祠があります。

 

所在地:大阪市西成区岸里東2-3-19 
アクセス:阪堺電車「天神ノ森」徒歩1分南海本線高野線汐見橋線岸里玉出」徒歩3分.

 

(撮影:2017/04/19)


【天神ノ森天満宮】(てんじんのもりてんまんぐう)大阪市西成区