読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【天下茶屋】(てんがちゃや)跡 大阪市西成区

天下茶屋】(てんがちゃや)跡 大阪市西成区

 

天下茶屋豊臣秀吉が堺や住吉への途中立ち寄り、茶の湯を楽しんたところです。その名も殿下茶屋がなまったものといわれています。この茶屋には名水のほまれ高い泉があり、秀吉はこれに「恵の水」と名づけました。その跡は芽木(めぎ)家とともに邸内に保存されていたが、戦災で焼失しました。
 なお、道(紀州街道)をへだてた東側に紹鴎森天満宮がありますが、ここは千利休の師、武野紹鴎(たけのじょうおう)が隠棲したところです。

 

 

住所:大阪市西成区岸里東二丁目10
アクセス:阪堺電鉄「天神の森」下車 北西約100m
ここからすぐ近くに【天神ノ森天満宮】(てんじんのもりてんまんぐう)があります。

 

(撮影:2017/04/19)

 


【天下茶屋】(てんがちゃや)跡 大阪市西成区