【秋篠寺】(あきしのでら)奈良市

【秋篠寺】(あきしのでら)奈良市

 

奈良時代末期780年頃、光仁天皇の勅願によって建立され、開山は善珠僧正と伝えられています。平城京西北の外れ「秋篠」の地に建てられたためこう呼ばれています。平安時代末期に戦火のため伽藍の大部分を焼失し、鎌倉時代には今の本堂がもとの講堂の跡に再興されましたが、金堂や東西両塔の跡は雑木林になってしまっています。本堂に25体安置されている仏像の中でも特に著名なのが伎芸天(重文)で、諸技諸芸の守護神として多くの芸術家や芸能人らに慕われ、またその造形の優美な写実性は古美術愛好家の間でも広く親しまれています。
国宝の本堂は、鎌倉時代の建立で、当時の和様仏堂の代表作の1つ。正面5間、側面4間。屋根は寄棟造、本瓦葺き。堂の周囲には縁などを設けず、内部は床を張らずに土間となっています。正面の柱間5間は中央3間を格子戸、左右両端の間を連子窓。全体に保守的で簡素な構成で、鎌倉時代の再建でありながら奈良時代建築を思わせる様式を示す建物です。和様建築では柱上部の頭貫(かしらぬき)以外には貫を用いず長押を使用するのが原則ですが、この建物では内法長押(うちのりなげし)の下に内法貫を使用し、内部の繋虹梁(つなぎこうりょう)も身舎(もや)側では柱に差し込むなどの新技法が使われているます。また、建物内部の柱にも風蝕痕が残ることなどから、建立当初は建物前面の左右5間・奥行1間分を、壁や建具を入れない吹き放しとしていたと推定されます。堂内には本尊薬師三尊像(重文)を中心に、十二神将像、地蔵菩薩立像(重文)、帝釈天立像(重文)、伎芸天立像(重文)など安置されています。

 

所在地 :奈良県奈良市秋篠町757
アクセス: 近鉄大和西大寺駅 北口より押熊行バス6分「秋篠寺」下車すぐ。

 

kazu1000.muragon.com