読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【楠稲荷大明神】(くすのきいなりだいみょうじん)八尾市

大阪府 八尾市 神社

【楠稲荷大明神】(くすのきいなりだいみょうじん)八尾市

 

服部川に鎮座する。神社沿いの池・鳥居の赤・大きなくすのきの緑のコントラストが美しい神社です。境内にある大きな「楠木(くすのき)」は、八尾市指定の保全樹木(指定番号 33-1・2)です。拝殿の左奥に小さな祠が1つあり、また、道を挟んで鳥居の前に祠が1つあります。
この神社の近くの史跡としては、服部川八幡宮、佐麻多度神社、俊徳丸鏡塚があります。

 

 

所在地 :大阪府八尾市服部川9丁目125
アクセス:近鉄服部川」駅から徒歩約6分

 

 

 

【白光大神】(しらみつおおかみ)【熊繁大神】(くましげおおかみ)/ 東大阪市上石切町

大阪府 東大阪市 社寺仏閣 神社

【白光大神】(しらみつおおかみ)【熊繁大神】(くましげおおかみ)/ 東大阪市上石切町

 

石切神社上ノ宮」の鳥居の前に道があります。その道を右へ歩くと、看板が立っています。「石切 奥の院瀧」、「河内石切 白光大神本社」、「神道石切教会」、「石切高野山 波切不動尊」、「石切 水子地蔵尊」と看板に書かれています。
鳥居が3つ階段に並んでいて1つ目は、「白光大神」、2つ目の鳥居には「熊繁大神」となっています。ここは宗教法人「白光教」の本部で、神社本庁の参加ではない独立した宗教団体です。この場所からさらに細い道を上がっていくと「奥の院 石切山 金剛寺」があります。

 

住所:大阪府東大阪市上石切町2丁目36-26

 

 

【影藤大神】(かげふじだいじん)大阪市福島区

大阪府 大阪市 神社

高速道路の下の一般道(新なにわ筋)南行きの歩道沿いに【影藤大神】(かげふじだいじん)が鎮座しています。赤い鳥居が立っており、その奥に祠がある神社です。非常に狭い境内です。「野田藤」に所縁のある神社です。また、近くに同じく「野田藤」で有名な【白藤大神】(しらふじだいじん)と【春日神社】(かすがじんじゃ)があります。

 

 

場所:大阪市福島区玉川2丁目

 

(撮影:2017/3/12)


 

【白藤大神】(しらふじだいじん)大阪市福島区

大阪市 大阪府 神社

【白藤大神】(しらふじだいじん)大阪市福島区

 

大阪市福島区玉川2丁目に【白藤大神】(しらふじだいじん)が鎮座しています。赤い鳥居と祠があります。その手前に、ライオンズクラブによる「大阪市顕彰文化財指定 野田藤」と記された説明書きが立っています。「600年前の昔、2代将軍足利義詮はこの地に来遊し紫藤を眺めあまりの見事さに いにしえのゆかりを今もむらさきの 藤なみかかる野田の玉川 と詠んだ事は既に史実に有名である。又、太閤秀吉を始め天人俳人の藤をたたえる歌が多く残されており「吉野の桜か野田の藤」とうたわれた名所となった。花は形良く紫の色あくまでも上品で最盛期には1mをこす花房が咲き誇るとしるされており、その頃美しい大きな池を囲んで老木若木をとり交えた藤が辺りの木立にまつわり絡んでとても美しい眺めであった。時経るに従い池は次第に縮小されてその面影をとどめるのみとなった。 玉川にゆかりの藤の面影を ここにとどめて後にのこさん  野田藤保存会」

 

住所:大阪市福島区玉川2丁目
アクセス:千日前線 玉川駅 約500m 徒歩5分。又は、JR大阪環状線 野田駅 約700m 徒歩9分。

 

 

(撮影:2017/3/12)


【春日神社】(かすがじんじゃ)大阪市福島区

大阪市 大阪府 神社

春日神社】(かすがじんじゃ)大阪市福島区

 

昔は藤の宮とも呼ばれていました。藤原氏の祖神を祭っているといわれています。
江戸時代に刊行された『摂津名所図会』によれば、春日神社は「野田村林中にあり。当所、藤によりて藤原の祖神を祭るならんか」とあり、江戸時代の貞享3年に刊行された『藤伝記』にも藤原氏の分流が春日明神を勧請したと伝えられています。
その後、野田村の庄屋であった藤家の氏神として祭られていました。境内には「野田の藤跡」の標石がたっています。「野田の藤」は、1メートルを越す豊かな房が特徴で、平成7年に区の花に制定されました。この「のだふじ」は、今から約600年前(南北朝時代)からその美しさで知られ、江戸時代には「吉野の桜」「高雄の紅葉」とともに三大名所と言われ、野田の藤見物が盛んでした。

 

所在地 :大阪市福島区玉川2丁目2-7
アクセス:千日前線 玉川駅 約500m 徒歩5分。又は、JR大阪環状線 野田駅 約700m 徒歩9分。

 

(撮影:2017/3/12)


【正一位末広稲荷大明神】大阪市此花区

大阪市 大阪府 神社

正一位末広稲荷大明神

 

民家の空き地にひっそりと鎮座しています。由緒等は不明です。榊やお供え物は新しく、綺麗に管理されています。

 

 

場所:大阪府大阪市此花区春日出北1丁目22

 

(撮影:2017/3/12)

【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市此花区

大阪府 大阪市 神社

産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市此花区

 

宝暦12年(1762年)、大坂の島屋(浅田市兵衛)が正蓮寺川左岸の一角(現住友電工内)に新田の鎮守神として創建。昭和9年の風水害により被災し、昭和13年に現在の地に移転。境内に「旧恩貴島町島屋町大風水害復興記念碑」があります。御祭神は、天照皇太神、住吉大神、宇迦之御魂神です。
境内末社の御祭神;金比羅大神、恵比寿大神稲荷大神、菓祖田道守命、倭姫大神、斎火結大神、楠根稲荷神社、祖霊社、水神社。

 

 

所在地:大阪府大阪市此花区島屋3-13-28
アクセス:市バス「島屋」下車すぐ

 

(撮影:2017/3/12)