2017-03-17から1日間の記事一覧

【楠稲荷大明神】(くすのきいなりだいみょうじん)八尾市

【楠稲荷大明神】(くすのきいなりだいみょうじん)八尾市 服部川に鎮座する。神社沿いの池・鳥居の赤・大きなくすのきの緑のコントラストが美しい神社です。境内にある大きな「楠木(くすのき)」は、八尾市指定の保全樹木(指定番号 33-1・2)です。拝殿の…

【白光大神】(しらみつおおかみ)【熊繁大神】(くましげおおかみ)/ 東大阪市上石切町

【白光大神】(しらみつおおかみ)【熊繁大神】(くましげおおかみ)/ 東大阪市上石切町 「石切神社上ノ宮」の鳥居の前に道があります。その道を右へ歩くと、看板が立っています。「石切 奥の院瀧」、「河内石切 白光大神本社」、「神道石切教会」、「石切高…

【影藤大神】(かげふじだいじん)大阪市福島区

高速道路の下の一般道(新なにわ筋)南行きの歩道沿いに【影藤大神】(かげふじだいじん)が鎮座しています。赤い鳥居が立っており、その奥に祠がある神社です。非常に狭い境内です。「野田藤」に所縁のある神社です。また、近くに同じく「野田藤」で有名な…

【白藤大神】(しらふじだいじん)大阪市福島区

【白藤大神】(しらふじだいじん)大阪市福島区 大阪市福島区玉川2丁目に【白藤大神】(しらふじだいじん)が鎮座しています。赤い鳥居と祠があります。その手前に、ライオンズクラブによる「大阪市顕彰文化財指定 野田藤」と記された説明書きが立っています…

【春日神社】(かすがじんじゃ)大阪市福島区

【春日神社】(かすがじんじゃ)大阪市福島区 昔は藤の宮とも呼ばれていました。藤原氏の祖神を祭っているといわれています。江戸時代に刊行された『摂津名所図会』によれば、春日神社は「野田村林中にあり。当所、藤によりて藤原の祖神を祭るならんか」とあ…

【正一位末広稲荷大明神】大阪市此花区

【正一位末広稲荷大明神】 民家の空き地にひっそりと鎮座しています。由緒等は不明です。榊やお供え物は新しく、綺麗に管理されています。 場所:大阪府大阪市此花区春日出北1丁目22 (撮影:2017/3/12) にほんブログ村

【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市此花区

【産土神社】(うぶすなじんじゃ)大阪市此花区 宝暦12年(1762年)、大坂の島屋(浅田市兵衛)が正蓮寺川左岸の一角(現住友電工内)に新田の鎮守神として創建。昭和9年の風水害により被災し、昭和13年に現在の地に移転。境内に「旧恩貴島町島屋町大風水害復興記…

⑤【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区 [Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city

【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区 [Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city 京都市左京区修学院の比叡山麓にある皇室関連施設。修学院離宮は上御茶屋(かみのおちゃや)、中御茶屋(なかのおちゃや)、下御茶屋(しものおちゃや)と呼び習…

④【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区 [Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city

【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区[Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city 京都市左京区修学院の比叡山麓にある皇室関連施設。修学院離宮は上御茶屋(かみのおちゃや)、中御茶屋(なかのおちゃや)、下御茶屋(しものおちゃや)と呼び習…

③【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区 [Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city

【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区[Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city 京都市左京区修学院の比叡山麓にある皇室関連施設。修学院離宮は上御茶屋(かみのおちゃや)、中御茶屋(なかのおちゃや)、下御茶屋(しものおちゃや)と呼び習…

②【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区 [Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city

【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区[Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city 京都市左京区修学院の比叡山麓にある皇室関連施設。修学院離宮は上御茶屋(かみのおちゃや)、中御茶屋(なかのおちゃや)、下御茶屋(しものおちゃや)と呼び習…

①【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区 [Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city

【修学院離宮】(しゅがくいんりきゅう)京都市左京区[Shugakuin Imperial Villa] Kyoto city 京都市左京区修学院の比叡山麓にある皇室関連施設。修学院離宮は上御茶屋(かみのおちゃや)、中御茶屋(なかのおちゃや)、下御茶屋(しものおちゃや)と呼び習…

【賀茂御祖神社】(かもみおやじんじゃ)京都市左京区

【賀茂御祖神社】(かもみおやじんじゃ)京都市左京区 通称は「下鴨神社」(しもがもじんじゃ)。式内社(名神大社)、山城国一宮、二十二社(上七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。ユネスコの世界遺産に「古都京都の文化財」の1…

【相生神社】(あいおいじんじゃ)京都市左京区

【相生神社】(あいおいじんじゃ)京都市左京区 「下鴨神社」の楼門そばに【相生神社】(あいおいじんじゃ)という縁結びの神さまが祀られています。御祭神の神皇産霊神(かむむすびのかみ)は縁結びの神、結納の守護神としてあがめられています。めでたいこ…

【山本八幡宮】(やまもとはちまんぐう) 八尾市

【山本八幡宮】(やまもとはちまんぐう) 八尾市近鉄河内山本駅のすぐ北側、玉串川の西岸、立石街道の南沿いに鎮座しています。「誉田別尊」(応神天皇)を祀ります。 享保元年(1716年)、石清水八幡宮より神霊を勧請し、山本新田の鎮守として分祀されまし…

【暗渓の滝】と【豊浦橋】東大阪市東豊浦町

【暗渓の滝】と【豊浦橋】 暗峠奈良街道沿いに【豊浦橋】があります。橋を渡ると森の奥深くに来たようなマイナスイオンたっぷりのスポットです。この橋から【暗渓の滝】が見えます。川沿いを散策してみても気持が良く秋は紅葉を楽しめます。 場所:大阪府東…

【成願寺】(せいがんじ)東大阪市東豊浦町

【成願寺】(せいがんじ)東大阪市東豊浦町 【成願寺】(せいがんじ)は、暗越(くらがりごえ)奈良街道沿いにあります。暗越奈良街道とは、大阪から暗峠(くらがりとうげ)を越え、生駒(奈良)に至る道。奈良時代、大阪の難波と奈良の平城京を結ぶ道として…

【法照寺】(ほうしようじ)東大阪市東豊浦町

【法照寺】(ほうしようじ)東大阪市東豊浦町 法華宗 真門流の寺院。 住所:大阪府東大阪市東豊浦町9−12アクセス:近鉄額田駅 から徒歩約10分 (撮影:2017/3/16) にほんブログ村

【姥が池】(うばがいけ)東大阪市東豊浦町

【姥が池】(うばがいけ)東大阪市東豊浦町 この池は昔から『姥が池』と呼ばれていました。それは、今をさかのぼること約600年前の出来事「悲しい姥の身投げ伝説」に由来しています。その伝説とは、枚岡神社の御神燈の油が毎夜なくなり、火が次から次へと…

【聖法山 観音寺】(かんのんじ)東大阪市東豊浦町

【聖法山 観音寺】は、生駒山中腹の大阪府東大阪市から奈良県生駒市を通る国道308号線沿いにあり、この道の県境にある峠を「暗峠(くらがりとうげ)」、そしてこの道を「暗越奈良街道(くらがりごえならかいどう)」といい、数ある奈良街道の一つで「日本の…

【暗越奈良街道】(くらがりごえならかいどう)2 /2

【暗越奈良街道】(くらがりごえならかいどう)は大坂から暗峠を超えて奈良に至る街道で奈良街道、伊勢参宮街道の一つで「日本の道百選」にも選定されている。暗峠(くらがりとうげ)は、奈良県生駒市西畑町と大阪府東大阪市東豊浦町との境にある峠で現在は…

【暗越奈良街道】(くらがりごえならかいどう)1/2

【暗越奈良街道】(くらがりごえならかいどう)は大坂から暗峠を超えて奈良に至る街道で奈良街道、伊勢参宮街道の一つで「日本の道百選」にも選定されている。暗峠(くらがりとうげ)は、奈良県生駒市西畑町と大阪府東大阪市東豊浦町との境にある峠で現在は…

【弘法の井戸】・【笠塔婆(かさとうば)】東大阪市東豊浦町

【弘法の井戸】・【笠塔婆(かさとうば)】東大阪市東豊浦町 弘法の水のあるところに弘法さんが祀られています。その横に笠をいただいた「笠塔婆(かさとうば)」があります。高さ181cm、鎌倉中期弘安7年(1284)に建てられたもので阿弥陀如来座像…

【お玉大神、お初大神、玉市大神、秋葉明神、熊鷹大神】東大阪市東豊浦町

【お玉大神、お初大神、玉市大神、秋葉明神、熊鷹大神】東大阪市東豊浦町 近鉄枚岡駅下車、暗峠奈良街道沿いの「松尾芭蕉句碑」「法照寺」「暗渓の滝」「成願寺」「観音寺」を通り過ぎ、急な坂の右側に朱色の鳥居が見えます。鳥居の後ろには2体の灯篭と大小…

【弘法の井戸】・【笠塔婆(かさとうば)】東大阪市東豊浦町

【弘法の井戸】・【笠塔婆(かさとうば)】東大阪市東豊浦町 弘法の水のあるところに弘法さんが祀られています。その横に笠をいただいた「笠塔婆(かさとうば)」があります。高さ181cm、鎌倉中期弘安7年(1284)に建てられたもので阿弥陀如来座像…

【安高大神】(やすたかだいじん)東大阪市東豊浦町

【安高大神】(やすたかだいじん)東大阪市東豊浦町 暗峠から大阪側へ徒歩約10分程下った右側に「安高大神」の看板があります。(暗峠奈良街道沿い)看板に従って草深い畑道を抜けると山道が山の頂へつながっています。参道があり、その先に石の階段がありま…

「枚岡神社神津嶽本宮」(かみつだけほんぐう)東大阪市出雲井町

「枚岡神社神津嶽本宮」(かみつだけほんぐう)東大阪市出雲井町 河内国一の宮「枚岡神社」は奈良から悪路で名高い国道308号線の暗峠を越えた生駒山西麓に鎮座。創祀は、皇紀前まで遡り、神武天皇が大和の地で即位される3年前、神武天皇の勅命を奉じて、…

枚岡神社 摂社【若宮社】(わかみやしゃ)

枚岡神社 摂社【若宮社】(わかみやしゃ) 「天押雲根命」(あめのおしくもねのみこと)がお祀りされています。 天児屋根命と比売御神の間に生まれた御子神様です。この神様は、天児屋根命の命によって、天の二上に登り、皇御孫尊(すめみまのみこと)の御膳…

枚岡神社 末社【天神地祇社】(てんしんちぎしゃ)

枚岡神社 末社【天神地祇社】(てんしんちぎしゃ) 天津神・国津神がお祀りされています。 この社には、もと境内にあった19末社の椿本社(猿田彦神)、青賢木社(天磐立神)、太力辛雄社(天手力雄命)、勝手社(受鬘神)、地主神(枚岡社地の地主神)、笠社…